スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路上たばこ逃がしまへんえ~ 京都市、面的に禁止区域拡大(産経新聞)

 京都市は22日、禁止区域での歩きたばこに「罰金」を科す「市路上喫煙の禁止等に関する条例」について、禁止区域を拡大すると発表した。市は7月1日から新たな区域で、違反者に対して千円の過料の徴収を始める。

 新しい禁止区域は、東西は河原町通~烏丸通間、南北は御池通~四条通間の全道路。従来、通りごとの「線」で指定していた禁止区域を「面」へ広げることで、脇道への逃げ込み防止を目指すという。

 市は路上喫煙による周囲の人のやけどを防ぐため、平成19年6月に過料を科す同条例を施行。ところが、禁止区域は河原町通や烏丸通などの主要な道路に限られたため、違反者が周囲の脇道に逃げ込む▽地理に詳しくない観光客に禁止区域がわかりにくい-などの問題点も指摘されていた。

【関連記事】
喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設
フィリップモリスもタバコ値上げ中止 認可後では初の撤回
JT子会社 過料140億円 カナダ 買収前にたばこ密輸
皇太子さま 平城遷都1300年、復原の第一次大秘殿完成式典ご出席
百貨店初ブランドなど誘致 大丸京都店が改装オープン
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
<愛知5人殺傷>容疑の長男、以前からトラブル(毎日新聞)
シャッター修理業の兄弟、技術悪用して事務所荒らし 大阪府警が最終送検(産経新聞)
障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」-教育にニーズあり(産経新聞)

蘇ったキトラの壁画石室 複製陶板で凹凸や土質まで(産経新聞)

 極彩色の四神図や東アジア最古級の天文図が描かれた奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)石室壁面を精密に複製した原寸大の陶板が完成し、文化庁が15日、発表した。陶板を組み立てて再現した石室が16日から、同村の奈良文化財研究所飛鳥資料館で公開される。

 保存のため常時公開ができない壁画の代役として、文化庁が装飾陶板の専門メーカー「大塚オーミ陶業」(大阪市)に依頼して昨年10月から制作していた。

 陶板は奈良文化財研究所などが撮影した大量のデジタルデータを活用して色彩や微細な凹凸、土質までを忠実に再現し、東西南北の壁と天井、床の6面すべてを複製。高さ、幅ともに約1.1メートル、長さ約2.4メートルの石室として組み立て、劣化した壁画をはぎ取る以前の空間を蘇らせた。

 飛鳥資料館では、キトラ古墳の出土品など約100点を紹介する「キトラ古墳壁画四神展」が16日に始まり、5月15日~6月13日は初公開の「朱雀(すざく)」など四神図すべての実物も展示される。問い合わせは同資料館((電)050・7105・5355)。

【関連記事】
読めますか?悩ましい古墳の名前
キトラ古墳近くで土砂崩れ
キトラ古墳極彩色壁画、石室外保存が決定
キトラ古墳の壁画、石室へ戻すことは不可能 文化庁作業部会
奈良・キトラ壁画の余白集中はぎ取り

中国艦隊10隻が沖縄近海通過=潜水艦2隻、浮上航行-動向を注視・防衛省(時事通信)
<水俣病>鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で(毎日新聞)
家庭のライター、回収も検討へ=子供火遊び対策-消費者庁(時事通信)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)

東京少年少女合唱隊創設者の長谷川新一氏死去(時事通信)

 長谷川 新一氏(はせがわ・しんいち=東京少年少女合唱隊創設者)7日、胃がんのため東京都新宿区の自宅で死去、95歳。札幌市出身。葬儀は29日午後2時から新宿区百人町1の17の8のウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会で。喪主は東京少年少女合唱隊正指揮者の長女冴子(さえこ)さんと常任指揮者の次女久恵(ひさえ)さん。
 51年に前身の東京少年合唱隊を創設、日本の少年合唱の先駆けとなった。 

参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
日本人38人乗りバスが衝突=オーストリア、全員が搬送-近ツー(時事通信)
末梢血移植、非血縁者間も=ドナー負担軽く-骨髄財団方針(時事通信)
首相、日銀総裁と9日会談(時事通信)
普天間 「26年移設、遅れも」 平野長官が見通し(産経新聞)

新党「平沼党首」で始動 経済成長・財政再建「両輪」(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らは5日夕、新党結成に向けた会合を都内の料理店で開き、党首には平沼氏が就くことを決めた。政策面では、経済成長と財政再建を「車の両輪」と位置づけ、将来的な消費税率引き上げも視野に入れることを確認した。一方、鳩山邦夫元総務相の結成時の参加は平沼氏側の意向で見送られ、新党の結成時期は8日から10日に先送りされる方向になった。

 会合には、平沼、与謝野両氏と、園田博之前自民党幹事長代理、藤井孝男元運輸相が参加。石原慎太郎東京都知事も同席した。

 終了後に記者団の取材に応じた平沼氏によると、夏の参院選について、改選数5の東京のほか、2以上の選挙区にも擁立を検討していくことを確認した。党名は再度調整するが、同氏は「『日本』の呼称を使うのなら漢字の方がいいかもしれないが、今の時代に合うのならひらがながいいんじゃないか」と述べた。

 結成時のメンバーについては「『おじさん集団』でとりあえずはやる」と答えた。鳩山氏と、新党参加が有力視されていた鴻池祥肇・元防災担当相については「結成時のメンバーにならない」と明言。中川義雄参院議員については「(参加の)話をしているのは当然のことだ」と述べるにとどめた。

 また、昨年の衆院選で落選した中山成彬元国土交通相が新党参加と、夏の参院選比例代表への立候補の意向を表明した。

 会合に先立ち、園田氏は自民党本部で谷垣禎一総裁に離党届を提出した。

【関連記事】
「平沼新党」は邦夫氏外す 与謝野氏が譲歩
平沼・与謝野氏の新党名、4候補に絞り込む
平沼・与謝野新党に各党は冷ややかな反応
石原知事が同席 新党協議始まる 
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

両親の期待が重荷 京大病院インスリン混入の看護師(産経新聞)
<転落死>ラグビー元代表・渡辺泰憲さん 鎌倉駅で (毎日新聞)
「ラピュタ」で起床=「頑張っていきたい」-山崎さんの目覚ましコール(時事通信)
谷垣氏、与謝野氏と会談へ 慰留は困難か(産経新聞)
<西大寺>唐人官僚名ある墨書土器初出土 奈良(毎日新聞)

シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも-東京地検(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨妨害事件で、東京地検は2日、傷害や威力業務妨害、艦船侵入などの罪で、SSの小型高速船元船長ピーター・ベスーン容疑者(44)を起訴した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
日本などの捕鯨容認で妥協模索=捕獲数の大幅削減が前提-NZ
乗組員傷害容疑などで追送検=捕鯨妨害のSS活動家

<ネット薬局>販売禁止は合憲 東京地裁判決(毎日新聞)
「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署(産経新聞)
ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
イヤホンで刑事のふり、忘れ物免許証だまし取る(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。